未分類

土地貸借契約書【印紙・雛形の使用・印紙税・の書き方・の借用・様式の無料テンプレート】

 

土地貸借契約書【印紙・雛形の使用・印紙税・の書き方・の借用・様式の無料テンプレート】

土地貸借契約書が必要になるのは、土地を第三者に貸し、借りる人がいる時です。

 

土地の売買の時に要する契約書ということです。

 

駐車場や賃貸マンション、アパートの借用をする時、土地貸借契約書を交わすでしょう。

 

土地貸借契約書は、勝手に交わしてはいけません。

 

確かに「契約自由の原則」は法律で定められていますが、それでも借地借家法や、民法の強行規定の影響を受けます。

 

そのため、慎重に、正しく作成しなければならないのです。

 

法律の専門的な知識がまったくない素人が、独自に土地貸借契約書を作成するのは難しいです。

 

少し面倒ですが、弁護士や司法書士に依頼して作ってもらうと安心です。

 

あるいは、webサイトには土地貸借契約書の雛形も出ています。

テンプレートをダウンロードして作るのも、手間が省けるでしょう。

 

土地貸借契約書と印紙税について

 

印紙税は、売買契約書や、消費貸借契約書、請負契約書や領収書など印紙税で決められています。

 

課税文書に該当した場合に、課税されるでしょう。

 

印紙税の課税時期は、課税分署によって異なり、手形や受け取りは交付の時、契約書や約定書は証明の時です。

 

課税文書に該当しているのに印紙が貼られていない、不足している場合でも、完全に土地貸借契約書が無効になりません。

 

雛形の使用

 

土地貸借契約書の雛形は、こちらに出ています。

 

https://www.keiyakusyo.com/chin/chintai1.html

 

土地貸借契約書の様式の無料テンプレートはここから

 

https://www.bizocean.jp/doc/detail/102329/

 

上のリンクにアクセスすると、土地賃貸借契約書の雛形の使用ができます。

 

ワード形式でダウンロードできます。

 

無料なので気軽に使えますね。

 

もしご希望の様式でなかった場合は、法的な専門知識を持つ専門家に相談しましょう。

 

建物や施設、物品を借りる場合には、印紙税がかかりません。

しかし、土地や地上権の賃貸借には印紙税がかかるので気をつけましょう。

 

課税分署にあてはまるかの判断は、素人はできません。

契約書に記載された内容により、課税分が変わってきます。

 

土地貸借契約書の書き方

 

土地貸借契約書は、国土交通省の「賃貸住宅標準契約書」をもとに作っています。

 

建物賃貸借契約書、土地賃貸借契約書、機械賃貸借契約書の3種類が例としてあります。

 

契約書の借り主の住所欄には、現在の住所を記載します。

 

不動産の土地貸借契約書でも、新しい物件を引っ越しする予定でも、現時点でその物件を取得するわけでなく、住民法も移動していません。

土地貸借契約書では、使用目的や禁止事項を忘れずに記載します。

 

そのほか、契約終了時にはどのように変換するか?

 

造作物があった場合など、賃貸内容に応じて追加し、記載しておく内容があります。

 

長期の土地を借りるなら、「定期借地権契約」として、契約の更新をしない旨を書面で作成します。

 

土地貸借契約書は権利金など、賃借権設定に関する費用で後日返さない対価があるなら、その金額に応じた印紙税を納めます。

土地貸借契約書に印紙が必要かどうかは、素人なら迷いどころですね。

要は、契約書が印紙税法で定められた課税文書に該当するかどうかで判断します。

終わりに

土地を借りる時、貸す時に土地貸借契約書が必要なのですね。

土地貸借契約書の雛形をダウンロードするのもいいですが、一番はやはり専門家に相談すること。

専門家に作ってもらえば、うっかり自分に不利な内容になる心配もなありませんね。

印紙税は印紙を契約書に貼り付け、消印することで税を納入する方法をとっています。

印紙税納入の義務を怠ったら、納めなかった場合の3倍の料金が課されるでしょう。

-未分類

Copyright© お悩み事相談室・ギブミー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.