未分類

離職票【用紙をダウンロード・いる・いらない・退職証明書の入手・pdfの様式・もらえる条件・書き方・事業主】

離職票【用紙をダウンロード・いる・いらない・退職証明書の入手・pdfの様式・もらえる条件・書き方・事業主】

離職票とは、別の言い方では「雇用保険被保険者離職票」と呼ばれています。

正式に呼ぶと長くなるため、「離職票」と省略されています。

 

離職票はいる?いらない?

 

離職票はいります。

 

退職者が新しい職に就くまでの期間、失業手当を受けるにあたって離職票が必要です。

 

失業手当を受けるには、基本的には、ハローワークで活動しなければなりません。

 

ハローワークを利用するにも、最初は手続きが必要です。その手続きの時、離職票が必要になるのです。

 

失業手当の受給するにあたり、あなたはハローワークに離職票を提出します。

 

離職票には、1と2がありますが、基本的には2枚セットです。

 

離職票の用紙をダウンロードするには、ハローワークのホームページからできます。

 

離職票の発行にも条件がある

 

離職票は、誰もが発行してもらえるとは限りません。

 

離職票が得られるのは、雇用保険の適用条件を満たしていた人です。

 

条件を満たしていれば、雇用形態は関係ありません。

パートでも派遣社員でも離職票が入手できます。

 

ただ、会社員でなければ離職票は出ないことがあります。

自営業や個人事業主の方が、失業したから離職票を発行してもらい、ハローワークから

受給してもらうのは難しいのです。

 

だからといって、会社員全員が、退職したら離職票が入手できるわけではないですね。

 

厳密にいえば、以下の条件にあてはまる会社員に、離職票が発行されます。

 

  • 31日以上の雇用見込みがある
  • 1週間の労働時間が20時間以上

 

これらに当てはまっていれば、アルバイトや派遣などの非正規雇用でも問題ありません。

 

退職証明書と何が違うの?

 

離職票と混同しやすいのが、退職証明書です。

 

どちらもが退職後に発行される書類という点では、共通しています。

しかし、タイミングや目的が違います。

 

  • 企業が交付する文書→退職証明書
  • ハローワークが交付する→離職票

 

離職票と退職証明書で混乱してしまうのは、記載されている内容が似ているからでもあります。

 

しかし交付するところがそれぞれ違うため、区別できるでしょう。

 

離職証明書は、企業が作り、ハローワークに提出します。

 

退職証明書の入手はどこでできる?

 

会社でできます。

もらえる条件は、退職が決定している、あるいはすでに退職していることです。

 

辞めた会社に退職証明書の発行を求めれば、郵送してくれるでしょう。

 

退職した後に申し出るのは気まずいかもしれないため、できれば先回りして、退職日前に

人事部に退職証明書の申請をするといいです。

 

企業側は、退職予定の社員がいても、自動的に退職証明書を発行してくれません。

社員から申請された時だけ発行します。

 

退職証明書は、会社を本当に退職したことを証明できる書類です。

 

複数の企業に重複して勤務していないかを、証明できます。

転職先が決まったら、その転職先が退職証明書を求める場合があります。

 

複数の企業に同時に勤務するのはいけませんし、社会保険加入のためにも、被保険者資格がない証明が必要です。

 

そのためにも、退職証明書が必要なんですね。

 

退職証明書には、転職者にとって自己分析にも役立つ情報が載っています。

 

自分がどのような仕事を任され、給料はいくらだったのか振り返ることができるのです。

 

退職証明書は転職先だけが知って得するものではありません。

 

あなたも記載内容を読むことで、今後の転職活動に生かせるのです。

早めに退職証明書の入手をおすすめします。

 

離職票のpdfの様式

 

離職票のpdf様式は、下記からダウンロードできます。印刷してすぐ使えるでしょう。

 

https://www.hellowork.mhlw.go.jp/doc/info_1_e7_01.pdf

 

 

離職票の書き方の参考がわかる記事

 

雇用保険被保険者離職証明書の作成と提出方法(記載事例付き)

 

-未分類

Copyright© お悩み事相談室・ギブミー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.