未分類

レポート 書き方【会社・構成の見本・英語・例・実験・wordのテンプレート・大学】

レポート 書き方【会社・構成の見本・英語・例・実験・wordのテンプレート・大学】

レポートを書くのが苦手な人は多いでしょう。

 

レポートというと大学で書くものというイメージがありますが、会社の研修や、実験で研修が求められることがあります。

 

大学卒業後でも、企業や仕事内容によっては、レポート提出するシーンがあるのです。

 

レポートが苦手なら、webサイトに出ている構成の見本を参考にするのもいいでしょう。

 

レポートにおすすめの例や、実験用、英語用のwordのテンプレートが配布されていることもあります。

 

最初から独自にレポートを作るのも、オリジナリティが出ていいですが、忙しいとなかなか時間が割けないのでは。

 

難しいレポートとなると、手間や時間がかかります。

 

少しでも手間を省くために、wordのテンプレートを使用するのは悪いことではありません。

 

文章を写すのはよくないですが、フォームを使って書くなら問題ないでしょう。

 

ここでは、レポートの書き方や、どこからサンプルを持ってくればいいのかご紹介します。

 

マイクロソフトでもwordのテンプレートを提供

 

下記のマイクロソフトのwebサイトでは、レポート用のさまざまなテンプレートがあります。

 

https://templates.office.com/ja-jp/%E8%AB%96%E6%96%87%E3%81%A8%E3%83%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88

 

レポートの種類によってカテゴリ分けされいてるため、とても見やすいです。

 

【例】

 

  • 論文
  • ソーシャルメディアの分析
  • 販売実績のプレゼン用のレポート
  • 会社員向けのビジネスレポート(本格的)
  • 幾何学的な学生向け
  • 四半期売上のレポート
  • 文献レビュー
  • 本の紹介
  • 経費
  • アウトライン
  • 社員の進捗レポート
  • グループの論文

 

ほかにもまだまだテンプレートのバリエーションがあります。

 

一口に「レポート」といっても、学生向け、会社員向けなどさまざまです。

大学では論文をレポートとしてまとめることが多いですが、会社員となると、事業に関わるレポートが増えそうです。

 

売上や従業員の業務の進捗、プレゼン用のレポート、実験データのレポートなど、会社でもレポート作成がおこなわれます。

 

レポート作成のスキルは、大学だけで完結するものではありません。

 

社会に出ても活用できるスキルなのです。こう考えるとレポート作りを得意にしていれば、社会でも有利ですよね。

 

構成を自分で考えるのが難しければ、webから雛形を簡単にもってこれます。

 

しかしレポートを書くのに慣れていき、ゆくゆくは構成も自然に創造できるようになるといいですね。

 

レポートの書き方のコツ

 

レポートの基本の構成はこちらです。

 

  1. 結論
  2. 理由、原因
  3. 具体的な例、裏付け
  4. まとめ、自分の考え

 

このような構成が、見本の構成です。

 

この構成に沿って、レポート(論文)を作成していけばいいのです。

 

最後のまとめはレポートで話してきた内容をまとめてもいいですが、自分の考えも入れるとより説得力が増します。

 

 

ザックリいうと、レポートは

 

  1. 序論
  2. 本文
  3. 結論

 

です。

 

こちらの3つの要素が一つのレポートに書き込まれています。

 

ですが、順番にはもっと工夫が必要なのです。

上記で並べた通りの構成も、悪くはありません。

 

物語を作るなら、上記の順番で書いていけばいいですね。

 

しかしレポートは物語や小説ではありません。

 

わかりやすさと事実が大切です。

 

読み手の読みやすさを考慮し、簡潔に書くのが基本です。

 

もちろん詳しくも書きますが、短い時間で自分が一番伝えたい内容、主張を印象づけるためにも、先に結論を持ってくるのがコツです。

 

優れたレポートのほぼ全部が、結論を前に持ってきています。

こうすると読み手はすぐ結果がわかり、読みやすいのです。

-未分類

Copyright© お悩み事相談室・ギブミー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.