操作方法

windows defender とは【windows10ダウンロード・ブロック・smartscreen無効・有効にできない・windows defender を使ってwindows10 pcを保護する】

windows defender とは【windows10ダウンロード・ブロック・smartscreen無効・有効にできない・windows defender を使ってwindows10 pcを保護する】

windows defenderというセキュリティソフトがあります。

 

コンピューターウイルスやスパイウェアを検出したら削除してくれ、あなたのコンピューターを保護してくれます。

 

スパイウェアやコンピューターウイルスなど悪意のある目的で作動するソフトをマルウェアを呼びますが、このようなソフトが侵入してきたら、windows defenderがいち早く察知し、除去してくれるのです。

 

疑わしいアプリも検出してくれます。

 

お使いのpcがコンピューターウイルスの危機にさらされないように、windows defenderが

守ってくれます。

 

マルウェアから即座にコンピューターを守り、スキャンします。

継続的に使っていけます。

 

windows defenderの機能

 

  • リアルタイム保護
  • ランサムウェアのブロック
  • ファイアーウォール
  • 保護者による設定
  • ウイルス対策

 

追加費用なしで最新バージョンに保つこともで可能です。

 

ここでは、windows defenderとは何か

 

windows10ダウンロードする方法、smartscreen無効・有効にできない時どうするか、

windows defenderを使ってwindows10 pcを保護する方法についてご紹介します。

 

windows defenderとは

 

windows defenderとは、windowsという名前がついているくらいなので、windows用という気がします。

 

実際、windowsのpcならデフォルトでwindows defenderが入っているでしょう。

windows defenderを簡単にいうなら、パソコンをウイルスの脅威から守る性能をもつ

ソフトウェアです。

 

windows defenderを有効にしていれば、コンピューターウイルスに検出やブロック、

スパイウェアの削除などしてくれます。

 

快適にpcを使い続けるために、こうしたセキュリティソフトの継続的な監視や作動が必要です。

 

windows defenderはまさにあなたが快適にコンピューターを使えるように、安全な環境を維持してくれるのです。

 

windows defenderは自動更新されるので、最新バージョンにするために何かあなたがしなければならない作業はありません。

 

ただし、自動更新の際はメッセージボックスが表示される場合があるため、確認はしておきましょう。

 

windows defenderをwindows10ダウンロードする時

 

windows defenderはそもそもwindows10に最初から導入されているため、ダウンロードは不要です。

 

windows defenderに限らず、外部からセキュリティソフトをダウンロードしてくる時は、一緒にウイルスまで紛れてきそうで心配です。

 

しかしwindows defenderなら標準装備ということで安心でしょう。

 

しかしもしwindows defenderが無効化になっていたら意味がありません。

 

windows defenderが初期設定でwindows10に導入されていたとしても、自動で無効になってしまうことがあるのです。

 

なぜかというと…。

 

ほかのウイルスソフトを併用しているから

 

windows defenderの機能とあわせてほかのウイルス対策用ソフトを入れていると、自動でwindows defenderが無効に設定されてしまいます。

 

smartscreen無効・有効にできない時

 

smartscreen無効・有効にできないといったトラブルがあります。

 

smartscreenとはそもそも何かというと、セキュリティ機能を持つものです。

 

pcに危害を与える可能性のあるwebページの閲覧・ダウンロードに対し、警告メッセージを出してくれます。

 

pcの保護を目的として作動しています。

しかしアプリの起動がブロックされてしまうこともあります…。

 

smartscreenの設定を有効・無効にするにはどうしたらいいのでしょうか。

 

  1. 「スタートボタン」から「設定」にいく
  2. 「更新とセキュリティ」を選択
  3. 画面左から「windowsセキュリティ」を選択
  4. 「windowsセキュリティを開く」をクリック
  5. 「アプリとブラウザーコントール」を選択
  6. 「アプリとファイルの確認」
  7. 「警告」を選択
  8. ユーザーアカウント制御が表示されたら「はい」をクリック

 

これで操作は終わりです。

 

windows defenderを使ってwindows10 pcを保護する

 

windows defenderは、windows10ならわざわざwindows defenderのソフトを買わなくてもデフォルトで装備されています。

 

初期設定ですでにリアルタイム保護機能がonになっていれば有効ですが、手動でファイルスキャンしてウイルス検出することもできます。

 

クイックスキャンをするだけでも、数万以上に上るファイルが一気にスキャンできます。

 

ウイルスに特に感染していない場合、「pcから脅威は検出されませんでした。」と出ます。

-操作方法

Copyright© お悩み事相談室・ギブミー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.